明倫堂プロジェクトとは

meirindou_p

由緒ある藩校「明倫堂」

かつて新庄市は、戸沢氏を当主として栄えた新庄藩の城下町でした。
その新庄藩で、武士の子弟が学んだところが「明倫堂」です。
現在でも、由緒あるこの町の歴史を古文書から学ぶ会として、その名は引き継がれています。

 

農家の学び舎「明倫堂プロジェクト」

今、農家の平均年齢が66歳。
そんな中、明倫堂プロジェクトの農家は全員20~40代の若手です。
これからの農業を担っていく地域の若手農家が、自ら進んで活動し、学びを得ていくことをテーマとしています。
自身の経営のことはもちろん、これから地域農業が抱える様々な課題に、「このままではいけない」という思いで集まっています。

 

農業で人と人とがつながっていくこと

もともと農とは食べ物を作ること。
土や水や太陽からの恵みを頂くことです。
農業は、農家という特定の人たちにのみ与えられた仕事ではなく、すべての人たちに楽しむことが与えられた権利です。

土にまみれて体を動かすと、この上ない充足感に包まれます。
人の頭だけでは考えつくことの出来ない何かが、農を通して人と人とをつないでいきます。

農家としての学びをテーマとしている明倫堂プロジェクトですが、生産者と消費者とが農を通じてつながっていくことも大切にしています。